新たな電車広告? 中吊り広告はデジタルサイネージへ

山手線の中吊り広告からデジタルサイネージへの変革が加速している。

密閉された空間において広告を見る確率は非常に高い。このメリットを活用する上でデジタル変革はとても有効である。

2020までには山手線の全車両をデジタルサイネージへと変える方針である。