第55回例会報告:早稲田大学・井上達彦教授「模倣の経営学~偉大なる会社はマネから生まれる~」

第55回例会報告

 

今回の例会は講演者がひたすら話す形とは異なり、参加者を巻き込んで進めるワークショップスタイルで実施された。最初にアイスブレイクとして席が隣り合った2人で互いの似顔絵を30秒で描く。目的として、短期間で観察を行い、特徴を捉えることであった。互いに似顔絵を真剣に描いて見せ合う時には、笑顔がこぼれて各テーブルで賑やかな会話で溢れた。アイスブレイクにより個人間、講演者と参加者の距離感が一気に縮まり、いつもの様子とは異なり和やかな雰囲気で例会を開始することになった。

 

https://bsia.or.jp/corporate/第55回例会報告/